FC2ブログ

[SS-SW] 小さな約束

夏→ケン←カズ なちょっとした小話。
拍手にいれてたものをお引越し。

……というのを、引越し忘れてました。
目次には入れてたのにどうして気がつかないかな自分。



■小さな約束


「ねぇ。約束を覚えてる……?」
「抜け駆けしないってコト?」
「やだ。そんな守れもしない口約束、私が覚えてるわけないでしょ」
「……言い切ったね。まぁそうなんだけど。僕にだって果たす義理もなかったし……じゃ、何?」
「そのもっと前ほら、あるでしょ。もっと大切なこと」
「………? ……ああ、なんだ」

褐色の肌の少年がふっと笑んで口にした言葉に、つややかな黒髪をなびかせた少女がぴっと人差し指をたて、満面の笑みで「正解!」と頷く。
よくできました……と少女の手が少年の頭にのび。ぐりぐりとなでつけるのを、「まだ子ども扱いなわけ?」と彼は不満げに呟きながらも、払いのけるつもりはないらしい。

手ごわくて抜け駆け上等な恋敵だけど、憎めない相手。
仕方がない。だって互いに願っていることは

ととんっ…と。
二人だけだった空間に、来訪者を告げる足音が響いた。
「あれ、二人揃って……どうしたの?」
なんだか楽しそうだね? ……目を細めて微笑みながら問う人に、二人は「内緒」と声を合わせて答える。


願うのは。
強くて優しくてさみしいこの人を、決してひとりにはしないということ。
幸せであればいいと祈ること。

できれば彼の隣にあるのが自分であればいいと望むこと。

end

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New
Category
Archive
Link