FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震酔いってこういうことか

お久しぶりです。
生きてます。

とかいう、定番の書き出しがしゃれにならない大惨事ですね。
でしたね、なんていう過去のことじゃないんですよ、現在進行形で。

地震当日は、もちろんお仕事中な時間帯。
高層階って揺れがパネェっすよ旦那さん。
ぐらんぐらんと円を描くように揺さぶられて……酔いました。

「17階こわいこわいgkbr」

と言ってたものの、
余震慣れしてきてしまったんですがね。
人間ってすげーわな。

その日は結局、お仕事場からおうちまで7時間かけて帰宅しましたとさ。
……ぎりぎり歩ける範囲で良かった……が、よくたどり着いたな……。


しっかりばっちり輪番停電にぶちあたっている地域ですので、
毎日ヤシマ作戦を通常運行してたら、まー作業が進まない。
(※ヤシマ作戦についてはぐぐる先生にお聞きくださいまし)
というか、パソの電源入れないので何もできない。
仕方がないので、電力あんま使わない真夜中にPSPの充電して、もぞもぞP3Pとダンロンやってます。
小さな楽しみなんだ、許しておくれ。



↓ 以下ちょっとマイナス思考っぽさがあるのでご注意


一番怖かったのは家族とまったく連絡がとれなかったこと。
どうやら自分だけが携帯メールを受け取れなかったらしく、
誰がどこでどうなっているのか何も情報がないまま帰宅している時間が恐怖でした。

真夜中に時間差で届きましたが……それまで不安で仕方がなかった。
家族も親類も友達も知り合いも東北在住で、安否確認がとれるまで生きた気がしなかった。
唯一つながっていたツイッターが心の支えだった。

現在までで自分が知っている人たちとは全て連絡がとれましたが、
そのかたがたの家族となると……いまだ情報すらないという状態。
現地には子どもに食べさせる食料がなくて、
隣県まで車を出してようやく携帯の電波が入ったとか。
そんな言葉を直に聞いていると、本当に

「どこより先に被災地に燃料を!」

と強く願ってしまいます。
実際には普通に生活している人々にも必要なのだとは分かっているのですが、
気持ちが急いてしまうのです。

自分が笑っていられるのは、自分の家族や友達が笑っていてくれるから。
その家族や友達が笑顔でいられるのは、
その先でつながっている家族や友達や親類や近所の人が無事でいてくれるから。

いまの節電はすごく当たり前のことで、
小さなことでも、大事な人のためになるのだと思うと楽しい。
いまじぶんにできることを、積み重ねていきたいと思っています。

大丈夫、みんな大丈夫。

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New
Category
Archive
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。